2018/11/18

高知子とSTORE展!

ぽかぽか暖かい日が続く11月ですね。
ストーブに火を入れたのはまだ一度だけ。それでも、街に行けばクリスマスや年賀状の気配を感じる季節になりましたね。
NISHINISHIも来週末の展示に向けて準備を始めます。

高さんに、今回展示する作品のお写真をお借りしました。
どれもこれもわくわくが止まりませんよ!

こちら新作のイヤリング。

ブローチ。







身に付けるもの、部屋を飾るもの。
どちらも日々を豊かに楽しくしてくれますね。
気分が上がるものっていい!!
さあ皆さん、年末に向けて、上げていきましょうね〜!!







2018/11/10

11月のお知らせ。

11月はSTOREが高さんと一緒にやってきてくれます!
出張HATOBAコーヒースタンドもオープン。
遊びにいらしてくださいね。

高知子とSTORE展
11月23日(金・祝) → 12月2日(日)
open 11:00 - 18:00
定休日:11月28日(水)




新作の丈の長さが3種類あるドルマンスリーブのワンピース、パッチワークのストール。カーディガンやスカートなど、
気になるアイテムと共に、定番ボーダーTシャツも並びます。


金沢でご自身のアトリエ兼ショップ「taffeta」を運営されていている刺繍作家の高知子(たかともこ)さん。
花や虫などの身近なモチーフと点や線のようなシンプルで図形的なモチーフを、鮮やかな刺繍糸を使って具象と抽象の間を行き来するように表現しています。四国でまとまって作品をご紹介するのは今回が初めてです。
いつになく、カラフル&アーティスティックなNISHINISHIをお楽しみいただけるとうれしいです。


出張HATOBAコーヒースタンド!!
11月23日(金)・24日(土)
open11:00〜17:30

HATOBAコーヒースタンドでは、秋田08COFFEE 季節のブレンド「足跡」と、楽しくておいしいunpeu(アンプ)遠藤順子さんのお菓子をご用意してお待ちしています。


2018/11/03

展示終わりのご挨拶。

11月ですね。
なんともすごい勢いで時間が流れていきます。
あと2ヶ月、楽しまないと!

今年は春夏、秋冬と2回のえみおわす展をさせていただきました。
同じ形でも、綿や麻から厚手の綿やウールに変われば、随分と雰囲気も変わりますし、秋冬はニットが加わるので、どっしり重厚な印象でした。
今年加わったコートの生地も、あたたかそうで上品で、美しかったなぁ。
毎年毎年、変わらない安心感とともに新しい新鮮さを兼ね備えているえみおわす。
文句なく素晴らしいです。




毎回楽しみにいらしてくださるみなさまに感謝しています。本当にありがとうございます。
今回は若い世代のお客様もいらしてくださって、おばちゃんとおばあちゃんはもう感無量。
選び放題の時代に、いいものはいい、と、その価値を認めてくれることはとても嬉しい。
かわらず上質なものづくりをしているえみおわすのみなさんと、やわらかい心と鋭い目で楽しんでくださるえみおわすファンのみなさまに挟まれて幸せ!と同時に、NISHINISHIも身を引き締めてよりよい場になれるように努めます。

ありがとうございました。





2018/10/19

えみおわす 秋冬の服 2018

秋晴れの初日、みなさまありがとうございました!
えみおわす 秋冬の服展は10月28日 日曜まで。
みなさまのお越しをお待ちしております。





2018/10/04

えみおわす 秋冬の服

週末ごとに台風がやってくるスリリングな秋。。。
先月は主人に、今日は職人さんに屋根の修理をしていただいたので、ずいぶん安心。
不安は和らぎつつありますが、なにぶん古い建物ですので、毎回やきもきいたします。
どうか瓦が吹っ飛びませんように。(このセリフ今年何回目だろう?)

今日は10月の展示のご案内です。


えみおわす 秋冬の服

2018 年10月18日(木) - 28日(日) 

open 11:00-18:00 

24日(水)定休日

スタンドカラーシャツやシャルワール、 ボンタンパンツなどの新しい形。
 縮絨ウール、ヤク × リネンのコート。
 柿渋染の寸胴バッグ、カレン族の村で作った 手紡ぎ手織りのシーツなどの生活道具、
ヤクやベビーアルパカのセーター、 インドの手編みのチョッキなど あたたかいものが並びます。




今年の夏は本当に暑かったというのに、順子さん、しびれる新作をまた生み出してくれました。
新しいかたちやアイテムから受ける刺激、そして変わらぬ定番もある安心感。

やっぱり大好き。

えみおわすのブログよりお写真と直樹さんのお言葉をお借りして少しご紹介しますね。




スタンドカラーシャツ 
10年以上作りつづけている立ち襟シャツの襟と袖口を見直して、新しい形にしました。
襟はバンドカラーに、袖口はカフスに、前合わせは比翼にしてボタンをかくしてよりすっきりとシンプルな印象になりました。




新しいパンツのかたち、シャルワール。 
シャルワールは中近東、イスラム文化圏で着られている生活着です。
この服の特長になる大きな股のマチは生地が厚かったり、張りがあると布が余ってしまうので、タックを入れて落ち着くように。マチの丈も少し短く、足をのばして少しすっきりした形にしました。

大きなマチはタイやミャンマーのリス族のパンツにも共通しており、一見同じかたちに見えますが、パターンの構造は違っています。でも布を無駄にしない作りや、暑い気候にも快適に過ごせるような形は同じでおもしろいですね。



新しいかたち、ボンタンパンツができました。 
ウエストから太ももにかけて膨らみ、裾にかけてテーパードしていく形は、
柑橘系の文旦の形に似ていることからブンタン→ボンタンと呼ばれるようになったとか。

えみおわすのボンタンパンツはウエストに大きなタックを入れて、腰幅のない人でもきれいなカーブがでるように工夫しました。裾の後ろにはダーツを入れてきゅっとしぼませています。 脇に縫い目をなくし輪にしているので柔らかな印象に。
ポケットはサイドと後ろに4つ作りました。
生地はオーガニックコットンツイルの生成りとコットンウールのグレーの2色。
サイズはS、M、L、XLの4サイズ。
女性から背の高い男性まで、ユニセックスに着ていただけます。




えみおわすハット。
個人的に、とても心待ちにしていたアイテムです。
順子さん、この夏は会う人会う人の頭のサイズや形が気になって仕方がなかったそう。
確かに、頭ってずいぶん個人差があって、万人に合うサイズや形を生み出すのは至難の技と思いますが、出来上がったこのフォルムのなんとも格好良く、なおかつ愛らしいこと。まさにえみおわすハットですね。さすがです。
(ここは私の感想です。)




昨年から作りはじめた「羽織コート」。
和服と洋服の要素を取り入れて、どんな方にも似合うように工夫しています。脇には菱形のマチを入れているので腕の上が下げもしやすいのも特長です。
今年は尾州で織られたヤクとリネン、ウールの糸を織り合わせた素材感のある生地でも仕立てました。



タイ、カレン族の村でシーツを作ってもらいました。 
手紡ぎ手織りの布3枚を手で縫い合わせたもの。
日本の布団のサイズに合わせて、巾140cm、長さ220cmの大きな一枚の布に仕立ててもらいました。
色は藍×生成りと黒檀の実×生成りの2色。



これはまたまた見逃せない、、と思ったみなさま!
初日10月18日は直樹さんと一緒におまちしておりますね。




2018/10/03

おじろ角物店展終了しました。

台風の最終日となってしまいましたが、おじろ角物店展にお越し下さったみなさま、ありがとうございました。
暑い夏を乗り切った久しぶりの展示、おじろさんの展示自体も4年ぶりでしたので、初日はドキドキしておりましたが、
ありがたいことにおじろさん愛、そしてかご愛!に満ち溢れた1日となりました。
お買い求めくださるみなさんが、とても嬉しそうに選んでくださっていたことが印象的でした。
おじろさんとは、また次回の構想に胸を膨らませています。
楽しいことがまたここでできるように、未来に続くように、今日から私もがんばります!!

今回の一枚はやっぱりこれかな!
みなさま、ありがとうございました。





2018/09/23

秋のおじろ角物店の展。

ご案内一日出遅れましたが、おじろ角物店の展示がはじまりました。
毎回毎回思いますが、竹かごが並んだNISHINISHIのなんと気持ちのいいことか。
畳と竹、落ち着きます。
これが白い空間になると、すっとシャープにみえるのですよね。格好いいのです。
場面を選ばない美しさ。素晴らしいです。
初日にたくさんのお客さまにいらしていただき、点数は少なくなっておりますが、トレーやふたつきのカゴなど、まだまだ楽しくお選びいただけます。
ゆっくりみていただけるとうれしいです。(写真は初日の様子です。)








2018/09/05

おじろ角物店展

そしてそして。
9月はおじろ角物店がやってきます。4年振りです。

おじろ角物店展

9月22日土曜〜9月30日日曜
・26日水曜定休

この清々しさ。
おじろさんのかごは、その場の空気をも浄化してくれているように感じます。
整理整頓にも便利な定番の角物、トレーをはじめ、
亀甲バスケット、トランク、シェルバッグ、買い物かごなど、
持って出かけたくなるかごが並びます。
秋のお楽しみに、ぜひお越しくださいませ。


NISHI NISHI喫茶のご案内。

昨日は自然の力の偉大さを痛感した1日でした。
こちらは大きな被害もなく、NISHINISHIの瓦も無事でした。
感謝、感謝です。


急なお知らせです!
今週、来週の火、木、金(9月6日、7日、11日、13日、14日)の1時から4時まで。
NISHINISHI喫茶をひらきます。

NISHINISHIで扱っているなべつかみをつくっているぐりちゃんが丁寧にコーヒーを入れてくれます。
シフォンケーキやチーズケーキなどおいしいおやつも!
ぜひぜひ遊びにいらしてくださいね。

2018/08/29

おひさしぶりです!

おひさしぶりです。
こどもたちの夏休みが終わったみなさん、まだあと少し残っているみなさん、お疲れ様です!!
母ちゃん父ちゃんがんばったぶん、こどもたちも成長したはずと、互いに褒め合いましょうね。
そしてもうすぐそこに秋が待っています。
日中はまだまだ暑いけれど、もう少し、頑張りましょうね。

さてさて、随分長いお休みをいただきましたNISHINISHI、明日30日より通常どおりに戻ります。日に日に片付けしていまして、おかげさまですっきりきれいになりました!と言いたいところですが、、、
余計にものだらけになったような。。。
ですが、長年気になりながら手がつけられていなかった奥底に眠っていたものたち(ほとんど古布。。)を整理できて、気持ちは少し軽くなったように思います。


えー、そこで、、
フリーマーケットとまではいきませんが、手放そうと思う古布、はぎれ、古い箱物など、破格にて並べようと思います。
9月22日からのおじろさんの展示までの期間限定。
お出かけついでに、おひさしぶりのおしゃべりついでに、ちょっとのぞいてみてください!

ふうちゃんも元気です。





2018/08/11

8月の休みについて。

朝晩は少し過ごしやすくなったかとおもいきや、今日は朝から蒸し暑い。
お盆休みはゆっくりと。みなさんどうぞお体お大事になさって下さいね。

さてNISHINISHI、本日8月11日から29日まで、ご予約制とさせていただきます。
ただでさえ入りにくいと思いますが、この期間は事前にお電話、またはメッセージをお願いします。
超勝手を言い申し訳ありません。宜しくお願いします。


2018/08/05

今年の夏。

私はあまり普段から元気いっぱいということはないのだけれど、、夏が好きです。
でも、先日、あ、冬の方が好きかも。。。と、はじめて一人つぶやいてしまいました。
ちょっと今年の暑さはこたえます。。。
毎年恒例となりつつある家族での京都修学旅行も最後は気絶寸前。
無理ないスケジュールだったにもかかわらず、情けないです。。
これから先、未来、これが当たり前になってしまったら、夏の過ごし方、展示の時期や営業時間、いろいろ見直さないとなと不安になる毎日です。

日高さんの二人展、夏休みに入ってからも、この暑さの中、足を運んでくださったみなさまに心よりお礼を申し上げます。
ありがとうございます。

お礼の後に言いにくいのですが、、
わがままを言いますが、今週末8月11日より29日まで、お休みさせたいただこうと思います。
この機に、いろいろ溜まってしまったものの整理をしようと思っています。
ロングヴァケーションには出かけませんので、事前にご連絡いただければ、いつでも見ていただけるようにしたいと考えています。お電話、メッセージ、お気軽にどうぞ。
普段から入りにくい店が余計入りにくくなり申し訳ないのですが、どうぞよろしくお願いいたします。






2018/07/19

日高伸治 直子 二人展 

連日まさに猛暑の中、足をお運びくださりありがとうございます。
こう暑いとお料理が辛いですよね。お腹も空いてるんだかどうなんだかよくわからなくなりますし。。
食べたいものが思いつかない。。
でも、店番をしながらたくさんの器を眺めていると、これには焼きなす、煮浸し、いや冷やしトマトかな。とか、これは絶対冷やし中華!なんて、なかなかどうして色々とメニューが浮かんできます。
器の力って大きいですよ。
展示は後半になりましたが、追加のお品も加わり、まだまだ見応え十分です。
器からイマジネーションを膨らませて、、、この暑さを共に乗り切りましょうね!

blue and white 
呉須の色は涼やかですね。



足つきのボウル、和のような洋のようないい雰囲気です。

炭化の黒は夏の食卓に向きますよ。

蓋つきの蕎麦猪口、色々使える頼れるやつです。

湯のみも色々。
直子さんの絵付け、生真面目の中にゆるさがあってなんとも愛らしいです。
桃が飛んでますね。

こちら追加の無地角重。蓋を開けると盆栽を自慢し合う方々が。。

備前の土を使った炭化の7寸浅鉢。
加飾は不要のこの潔さ。こちらもまた頼りになりそうです。





2018/07/06

7月展示のご案内です。

どんどん降る雨が心配な毎日です。
ニュースをみると心配な映像ばかりで朝から落ち着きません。早くおさまりますように。

来週末から、7月の展示がはじまります。
もしかしたら梅雨明けして夏本番かもしれませんね。
日高さんご夫妻、NISHINISHIでは初めてのご紹介です。お立ち寄りいただけると嬉しいです。

日高伸治 日高直子 二人展
2018年7月14日(土)〜7月24日(火)


洋服に定番があるように、器にも定番があると思います。
シンプルな白いシャツとデニム。伸治さんの器はそんなイメージ。
つい毎日手が伸びる、長く付き合える。そんな器が並びます。
直子さんの染付とも言うまでもなく相性がいい。
人や動物、草花が伸びやかに描かれた小さな豆皿、角のお重、桃型の小皿など、なんとも愛らしい。
こちらも食卓をほっこり豊かにしてくれます。
暑い夏ですが、器の力を借りて、毎日の食事もお料理も楽しんでいただけるとうれしいです。

2018/07/05

ありがとうございました。

小原聖子+奥田早織 scene いい時間の流れる展示になりました。
お二人の明るさ、自由さ、相性の良さ!
そういう空気はポンポンとわくわくを生み出すのですね。
まだまだアイデアが溢れ出るお二人には、また2年後に展示をお願いしました。
みなさま楽しみにしていてください。


















2018/06/23

初日のシーン/ 場面。

はじまっています。
scene  小原聖子 + 奥田早織  
コラボのもの、それぞれのもの、たのしく伸びやかに並びました。
明日もお二人がいらっしゃいます。
特に早織さんの服はオーダー制になりますので、ぜひご本人がいらっしゃる時にご相談くださいね。
いく通りにも着こなせる服。
格好いいけれど、決まりすぎないようにできています。
みんなで着たり脱いだり、楽しんでいただけると嬉しいです。














どれも自由ですばらしい!
ぜひぜひ体感しにいらしてください。